カードローンは借り入れ・返済額の単位にも注目しよう

ほとんどの方は、キャッシングを申し込む時金利に注目します。
金利が低いほど有り難いことなので、当然と言えば当然のことです。
しかし契約後の借り入れ額や返済額の単位にまで目を配る必要があります。
と言うのも単位が千円なのか万円なのかで、人によっては大きな負担となるからです。

一般的に消費者金融では千円単位で借りられ、2~3000円から返済可能です。
しかし銀行カードローンでは、返済が1万円からのところが意外と多いです。
パートの主婦など所得の低い方にとっては大きな負担となりかねません。
なお消費者金融でも、提携ATMからは1万円からしか借りられない場合もあります。
2千円しか必要ないのに1万円も借りることを繰り返せば、借り過ぎるという事態に追い込まれるかもしれないのです。