クレジットカードの強制解約でカードローンも連鎖停止!

銀行や消費者金融のカードローンは、利用目的が自由かつ限度内であれば繰り返し現金を借り入れ出来ます。しかし、キャッシング利用枠を超えてしまい、既に総量規制オーバーという場合、クレジットカードの現金化を利用するのはクレジットカードだけでなく、カードローンも利用停止になり、一括での返済を請求リスクが高くなります。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為は、会員規約違反に該当し、不正利用となってしまいます。その結果、強制解約または強制脱会という措置となります。そして、この情報は強制解約もしくは異動情報という内容で登録され、発生日から5年を超えない期間で管理されます。さらに、消費者金融などの貸金業者は貸金業法により3ヶ月毎に途上与信の確認が義務付けられており、この段階で発覚し利用停止という扱いになってしまいます。

その他、銀行カードローンやフリーローンは保証業務を消費者金融やクレジットカード会社などに委託しており、連鎖的に強制解約や異動情報が発覚してしまうため、キャッシング枠を利用し切っている、総量規制で借り入れ出来ないという場合でもクレジットカードの現金化は利用してはいけません。最終的には返済不能、債務整理という手段を取らざる負えないものの、不正行為については任意整理交渉の決裂、破産免責が降りないという問題に繋がります。