キャッシングでの審査を通過するには

消費者金融会社の公式サイトの専用フォームから申し込みを行う方法は、スマートフォンユーザーなどに浸透していますので、申し込みに関しては利便性が向上しており、キャッシングの申し込みがしやすくなっています。

申込者が申し込みを行いますと、消費者金融会社では、提出された申込書と本人確認書類によって審査を進めていきます。

申込書に記載された内容が正しい事、申し込みをしたのが本人である事、現在の他社を含めた借り入れ総額が年収の3分の1である事が重要になってきます。

本人確認としては、在籍確認という現在の勤め先に電話による確認が行われる事があります。

この電話は、消費者金融会社の担当者である事が分からないようにかける事になります。

審査を通過するには、申込者が電話を取るか、周囲の人が取って、在籍している事が確認で出来れば良いのです。

アルバイトやパートでもキャッシングはできる

キャッシングは正社員のような正規雇用でないと申し込めないというイメージがありますが、今は違います。

契約社員や派遣社員、アルバイトやパートなどの非正規雇用の方でも、安定した収入を得ていればキャッシングすることができます。

キャッシング会社はその人に返済能力があるかどうかで判断しますから、雇用形態にとらわれずに幅広い方に融資を行っています。

そのため、年収が少なくても継続して安定した収入を得ていれば、アルバイトやパートでもお金は借りられます。

ただ、年収に応じた限度額になりますから、正社員の方と比べるとアルバイトなどは限度額が低くなってしまいます。

総量規制という年収の3分の1以上は融資できないと法律で決まっています。

アルバイトやパートでキャッシングの申し込みをするなら、限度額が少なめにしておくのが良いでしょう。

キャッシングを利用する主婦は意外と多い

キャッシングは特に注意書きがなければ、主婦も借りることができます。

主婦は家計の管理を任されていることが多く、収支の状況を把握しているため、お金の管理が得意な方が多いです。

主婦の借り方で多いのは、緊急時に借りて給料日に返すという方法です。

パート収入があれば自分の給料で返済できるので、夫に内緒にして借りるのは問題ありません。

夫の収入で返済してもらう場合は、事前に話を通しておくとスムーズでしょう。

収入のない専業主婦の方がキャッシングを利用する場合は、必然的に銀行が借入先となるはずです。

消費者金融は収入のある方を融資対象としており、収入ゼロの方は借入ができません。

周囲にバレずに利用したい方には、コンビニATMやネットで借入・返済ができるタイプがおすすめです。

アルバイトキャッシングのポイント

キャッシング業者は大きく分けると銀行のカードローンと消費者金融になりますが、アルバイトが利用出来るのは主に消費者金融になります。
銀行のカードローンも申し込む事は可能なのですが、審査が厳しい事が多く否決になってしまう事も少なくありません。
消費者金融の場合は利用条件が20歳以上で安定した収入がある人となっているので該当していればアルバイトでも利用する事が可能です。

アルバイトは基本的に収入は少ないのですが、キャッシングを利用する時は収入の多さよりも安定を求められます。
収入が多くても月によって異なっていると安定していないと判断されて審査が不利になります。
そのため少なくてもいいので月に安定した収入を得るようにしておく事が大切になってきます。

学生でもキャッシングすることが可能

学生でもキャッシングすることが可能です。もちろんキャッシングの審査に出すというカタチになりますが、学生だからといって借り入れできないわけではありません。学生の場合はアルバイトやパートで定期的な収入があるなら給料明細書をもっていけばいいのです。

身分証明書が必要になりますが、免許証があればベストですが、もしなくても学生証や健康保険証があれば本人確認も十分可能です。定期的な収入があって本人確認もできれば即日キャッシングということもできるのです。急に現金が必要になって手元にない場合は非常に困りますが、キャッシングすることによって解決できることもあるのです。

もちろん給料日にはキチンと返済することを忘れてはいけません。

キャッシングをするときに即日で可能

本来ならばお金を借りずに済ませたいと考える人は多いものです。しかし、お金はいつ必要になるか分かりません。手持ちのお金がない時に必要になってしまった場合には、お金を借りる必要が出てきてしまいます。

例えば、まだまだ給料日まで時間があるのに税金を支払わなければならなくなってしまう等があります。学生ならば教科書を購入するお金が無くなってしまうことがあります。

これらの問題点を、自分の持っているお金だけで解決をすることは難しい場合があります。給料が少ない場合は常にお金に困っている状態です。友人からお金を借りるというわけにも行かないでしょう。そこで役立つのが即日でお金を借りることが出来るキャッシングサービスなのです。

一度申込をしたら、その日野うちに審査が完了してお金を借りることが出来るサービスです。とても便利であり人気があります。場合によっては審査が完了しても翌日から融資をする場合がありますが、それは規約を読んで確認をしておく必要があります。

また、必要な個人情報もあります。普段から必要な書類を用意しておくというテクニックも必要です。

転ばぬ先の杖ということわざがあります。人生は何が起こるか分かりませんから、普段の準備がとても大切なのです。

便利で助かる即日キャッシング

若い頃ならともかく、大人になると付き合いであったり急な予定が入りどうしてもお金が足りなくなるというケースもありますね。

そんな時、キャッシングをしたことが無い方だと不安なので二の足を踏んでしまいがちですが、実は初めての利用でも即日キャッシング出きる会社も多いのです。

利用額が多くなければ本人確認なども意外にスムーズに行えますので時間もそれほどかかりません。

例えば急にデートの約束が入ったけれどお金が無くて断るのは恥ずかしい、そんな時にも即日キャッシングであれば対応できるので非常に便利です。

気になるのが利息だと思うのですが、利用したことが無い方はとても不安がりますが実際どれくらいの利息がかかるのか説明すると「えっ、思っていたより全然利息がかからないのですね」とビックリされる場合がほとんどです。

『きー坊の審査のことが良くわかるキャッシング講座』というサイトにわかりやすく解説されているので参考にしてみてください。

特に数万円程度のキャッシングであれば利息はほとんどかからないと言っても過言ではありません。

会社によっては無利息でキャッシング可能なキャンペーンやシステムもあるのでそちらもチェックしてみてください。

お金が無くて「ここぞ」という場面を逃すのは勿体無いので、いざというときはキャッシングに頼ってみるのも一つの手だと私は思います。

気になる在籍確認

お金を借りようと思ったときに必ず必要な審査ですが、その際に在籍確認を実施している業者がほとんどです。
この在籍確認がネックになって申込みをためらっている人が結構いるようです。

在籍確認は基本的に電話で業者が問い合わせるのが一般的です。この電話に本人がでる必要はなく、文字通り在籍が確認できれば問題有りません。
ただ、個人情報の取り扱いにうるさい会社やそもそも個人宛に外線電話がかかってこないような会社の場合は電話確認をするのは厳しいかもしれません。

そこで、電話連絡をしない在籍確認を実施している業者もあるんですね。
例えばテレビCMでもおなじみのモビットなどです。

こうした業者は健康保険証などの会社が特定できる書類を提出することで在籍確認の代替えとしています。

キャッシングの増額申込みの内容

運転免許証等の本人確認のための身分証だけで申し込む事が出来る個人向けキャッシングは、担保を必要とする商品と比べると少額からの開始となります。返済できなくなった場合の保障がないからであり、最悪の事態におけるダメージを少なくするためです。

しかし、キャッシングは少額に限定した商品ではなく、500万円を超える様な金額を用意しているケースもあります。

少額から開始される事が多いにもかかわらず大きな金額を用意している理由は、増額が可能という事です。キャッシングは、約定返済日までに指定の金額を遅れることなく返済するというのが利用上求められているルールとなっています。

このルールを守っての利用を積み重ねていく事によって、信用が高くなり増額が可能となる仕組みです。増額申込みを行えるようになる期間は商品によって異なりますが、半年以上の継続が求められるのが一般的です。

増額も最初の申し込みの時と同様に、信用情報機関への照会により判定されます。他の業者からの借り入れ残高と返済履歴が問われる事になり、借り入れ残高が少ないほど増額される可能性は高くなります。

キャッシングは利息制限法に基づいて金利が設定されているので、元本が大きくなるほど金利は低くなります。増額は、利用範囲を広げるというだけではなく返済の負担を軽減するという意味でも有効です。

増額申請はクレカで検討している人も多いようです。