アルバイトやパートでもキャッシングはできる

キャッシングは正社員のような正規雇用でないと申し込めないというイメージがありますが、今は違います。

契約社員や派遣社員、アルバイトやパートなどの非正規雇用の方でも、安定した収入を得ていればキャッシングすることができます。

キャッシング会社はその人に返済能力があるかどうかで判断しますから、雇用形態にとらわれずに幅広い方に融資を行っています。

そのため、年収が少なくても継続して安定した収入を得ていれば、アルバイトやパートでもお金は借りられます。

ただ、年収に応じた限度額になりますから、正社員の方と比べるとアルバイトなどは限度額が低くなってしまいます。

総量規制という年収の3分の1以上は融資できないと法律で決まっています。

アルバイトやパートでキャッシングの申し込みをするなら、限度額が少なめにしておくのが良いでしょう。