アルバイトやパートでもキャッシングはできる

キャッシングは正社員のような正規雇用でないと申し込めないというイメージがありますが、今は違います。

契約社員や派遣社員、アルバイトやパートなどの非正規雇用の方でも、安定した収入を得ていればキャッシングすることができます。

キャッシング会社はその人に返済能力があるかどうかで判断しますから、雇用形態にとらわれずに幅広い方に融資を行っています。

そのため、年収が少なくても継続して安定した収入を得ていれば、アルバイトやパートでもお金は借りられます。

ただ、年収に応じた限度額になりますから、正社員の方と比べるとアルバイトなどは限度額が低くなってしまいます。

総量規制という年収の3分の1以上は融資できないと法律で決まっています。

アルバイトやパートでキャッシングの申し込みをするなら、限度額が少なめにしておくのが良いでしょう。

アルバイトキャッシングのポイント

キャッシング業者は大きく分けると銀行のカードローンと消費者金融になりますが、アルバイトが利用出来るのは主に消費者金融になります。
銀行のカードローンも申し込む事は可能なのですが、審査が厳しい事が多く否決になってしまう事も少なくありません。
消費者金融の場合は利用条件が20歳以上で安定した収入がある人となっているので該当していればアルバイトでも利用する事が可能です。

アルバイトは基本的に収入は少ないのですが、キャッシングを利用する時は収入の多さよりも安定を求められます。
収入が多くても月によって異なっていると安定していないと判断されて審査が不利になります。
そのため少なくてもいいので月に安定した収入を得るようにしておく事が大切になってきます。

パート・アルバイトでも利用可能な銀行カードローン

銀行カードローンを利用するためには定職についていることが条件に設定されていることが多く、定職に就いていないパートやアルバイトの方の申込は不可、としている銀行カードローンは決して珍しいものではありません。

しかしいざというときに速やかにキャッシングができて、借りたお金の使いみちも自由で、さらに低金利の銀行カードローンはパートやアルバイトの人にこそ必要とされているものであり、ここに一種の矛盾が生じていると言っても過言ではないでしょう。

こんな銀行カードローンが抱える矛盾を解消しており、パートやアルバイトの方でも申込可能なカードローンを取り扱っているのが西京銀行となります。

西京銀行は多種多様なカードローンの取扱いをしていますが、その中の一つである「チョットポケット」はパートやアルバイトの申込が可となっているのです。

チョットポケットは本人又は配偶者に安定した継続収入があれば申込可能となっていて、パートやアルバイトはもちろん、主婦や年金受給者、学生でも申込可能となっているのです。

学生がキャッシングを利用するには

かつては学生キャッシングというものも盛んに営業していましたが、現在では中小の消費者金融が一部で営業するに留まっており、大手はどこも学生キャッシングを扱ってはいません。

それに代わって学生でも利用できるキャッシングやカードローンのサービスが行われています。

むしろ、それまでの学生という区分が取り払われたというのが正解で、学生も社会人も同じ商品を利用することになったというべきでしょう。

ただし、多くのキャッシング、カードローンは利用条件を満20歳以上としています。
未成年の場合に利用できるキャッシングはほぼないという状況なので、学生であっても未成年の場合はお金を借りることがかなり難しいというのが現状です。

20歳になるとほぼすべてのキャシングやカードローンに申し込むことができるようになります。
学生の方の利用には同意書が必要としているキャッシングも一部でありますが、おおむね一般社会人と同じ扱いを受けることができるでしょう。

ただし、同じ扱いということは、当然本人に一定の収入が求められるということです。学生の場合はアルバイトで定期的な収入を得ているかどうかということになります。キャッシングを利用可能な金額をアルバイトで得るには、それなりの時間をアルバイトに割いている必要があります。