キャッシングでの審査を通過するには

消費者金融会社の公式サイトの専用フォームから申し込みを行う方法は、スマートフォンユーザーなどに浸透していますので、申し込みに関しては利便性が向上しており、キャッシングの申し込みがしやすくなっています。

申込者が申し込みを行いますと、消費者金融会社では、提出された申込書と本人確認書類によって審査を進めていきます。

申込書に記載された内容が正しい事、申し込みをしたのが本人である事、現在の他社を含めた借り入れ総額が年収の3分の1である事が重要になってきます。

本人確認としては、在籍確認という現在の勤め先に電話による確認が行われる事があります。

この電話は、消費者金融会社の担当者である事が分からないようにかける事になります。

審査を通過するには、申込者が電話を取るか、周囲の人が取って、在籍している事が確認で出来れば良いのです。

気になる在籍確認

お金を借りようと思ったときに必ず必要な審査ですが、その際に在籍確認を実施している業者がほとんどです。
この在籍確認がネックになって申込みをためらっている人が結構いるようです。

在籍確認は基本的に電話で業者が問い合わせるのが一般的です。この電話に本人がでる必要はなく、文字通り在籍が確認できれば問題有りません。
ただ、個人情報の取り扱いにうるさい会社やそもそも個人宛に外線電話がかかってこないような会社の場合は電話確認をするのは厳しいかもしれません。

そこで、電話連絡をしない在籍確認を実施している業者もあるんですね。
例えばテレビCMでもおなじみのモビットなどです。

こうした業者は健康保険証などの会社が特定できる書類を提出することで在籍確認の代替えとしています。