消費者金融の自動契約機でできる手続きについて

カードローンに申し込む場合は、各社が設置している自動契約機を使って申し込むこともできますが、最近ではネットで申し込んで、審査が完了するのを待って自動契約機に出向き、カードを受け取ってキャッシングする、という方法が主流になっています。

消費者金融で有人対応可能な実店舗は数が少ないため、自動契約機は店舗での手続きを担う場所となっていて、申込みやカードの受け取り以外にも様々な手続きができるようになっています。

例えばプロミスの自動契約機では、利用限度額の変更、利息の利率の確認、返済日の確認・変更などの他、カードの再発行や暗証番号の変更手続きも可能です。

カードローン申し込みの際には、自宅や職場の近くに自動契約機がある消費者金融を選ぶと、後々便利なことが多くなってきます。

消費者金融の上手な利用の仕方

むかしは消費者金融のキャッシングにかかってくる金利は高いということで有名だったようです。その結果として現在でも消費者金融の金利は高いというイメージを多くの方々が共有しているようです。確かに今でも消費者金融からお金を借りると銀行などより高い金利が適用されています。それでも銀行よりも何倍も高いというわけではありません。

実際の消費者金融の金利がどれくらいかと言いますと上限金利でだいたい18%くらいのところが多いようです。金利が20%を下回っているのですからむかしの消費者金融と比べればだいぶ低くなってきていると言ってもよいと思います。金利が18%というのは年率が18%という意味となります。

例えば10万円を30日間で一括返済したとするとこの時に支払う利息はだいたい1480円くらいになります。金利は日割り計算となりますので返済期間を短くすれば利息はもっと低く抑えることができます。消費者金融のなかには無利息期間を設定しているところもありますのでそのようなサービスを利用すれば利息はもっと安くなります。

以上のようなことから消費者金融のキャッシングを上手に利用する使い方が見えてくると思います。キャッシングで借りるお金は可能な限り一括返済するような金額に留めるようにします。そして借りたお金はできるだけ早く返済してしまうのです。このような使い方をすれば利息も安く済みますので返済に困ることもないはずです。

消費者金融のキャッシングは審査も早く多くの方が利用しやすいサービスになっています。そのような便利なキャッシングサービスを生活に役立てるため少しでも上手に利用していきたいものだと思っています。

無人契約機は頼もしい見方です

無人契約機は全国いたるところにあります。

少し狭いスペースに無人契約機が置いてあり、機械の案内に従って契約を進めて行くわけですが、
最終的にはマイクとスピーカーを通して実際の人と話をします。

しかし、声だけなので気軽さは失われません。

大手の消費者金融なら全て無人契約機があります。
銀行カードローンもテレビ窓口という無人契約機のようなものがあります。

テレビ窓口は消費者金融のような人目につかないという特徴はありません。
普通の銀行ATMの隣とかに設置してあります。

無人契約機を賢く使う方法で代表的なのは、インターネットで申し込みをして審査に通過したことを確かめてから無人契約機に行く方法です。

この方法の素晴らしいところは、所謂即日融資の時間的な制限が午後7時から8時ぐらいまで伸びることです。

振込で即日融資を求めるなら、午後2時30分から50分ぐらいまでには振込手続きを終わらせておかないといけませんが、
無人契約機を利用すればもっと遅くまで即日融資が可能となります。

インターネットで審査の申し込みで審査に通れば、無人契約機まで出向いてカードを発行してもらうだけです。
カードさえ発行してもらえれば、後は添えつけのATMでお金を下ろすなり、コンビニや提携銀行のATMでお金を下ろすなり好きにすればよいのです。

ネット環境の無い人は電話で申し込みをします。
そして、審査に通ったことを確認してから実店舗にいきます。

最初から最後まで無人契約機で済ますことも当然出来ます。
この場合は審査の結果をその場で待たなくてはいけないので、混み具合によってはかなり時間が掛かります。
また、審査に通らず融資が受けられない場合は、出向いて行った事自体が全くの無駄になります。

なのでインターネットとの併用がかなりおすすめとなります。

駅前や繁華街、郊外の幹線道路沿いなど無人契約機はどこでも目にしますから、
急にお金が必要になった時は頼もしい味方になるでしょう。

即日融資を受けたいときは消費者金融へ

田舎から都会に出てきて働いている人は多くいますが、突然、実家から緊急の連絡が届いて戻らなければならないこともあるので、そのためのお金だけは普段から用意しておくようにしたいですね。

同じ都道府県内であれば、すぐに戻ることも出来るでしょうが、北海道から東京など、かなり離れたエリアに実家があると、そこまでの交通費にかなりのお金がかかるので、普段から貯金をしていれば安心です。

しかしまだ年齢が若くて、一人暮らしの方の場合はそんな余裕もないかも知れないので、そんなときには即日融資可能なローン会社を探してキャッシングに申し込んでください。

ここで注意しなければならないので、即日融資サービスを行っているのは、全国すべてのローン会社ではないということです。

たとえば銀行の場合は、審査にじっくり時間をかける傾向があるので、結果が出るのに一日程度は待たされることがあります。

銀行は低金利なので利用したい気持ちもわからなくはありませんが、今すぐお金が欲しい時にそれだけの時間は待てないので、そんな時には消費者金融に申し込むことをおすすめします。

消費者金融は審査が優しく、スピード審査を行うところが多いので、場合によっては30分ほどで結果がわかるので、いざというときは助かります。

審査で合格の判定が出ると、すぐに口座にお金を振り込んでもらえるので、即日融資を受けたい方は、出来るだけ金利が低めの消費者金融を利用するようにしましょう。

 

学生がキャッシングを利用するには

かつては学生キャッシングというものも盛んに営業していましたが、現在では中小の消費者金融が一部で営業するに留まっており、大手はどこも学生キャッシングを扱ってはいません。

それに代わって学生でも利用できるキャッシングやカードローンのサービスが行われています。

むしろ、それまでの学生という区分が取り払われたというのが正解で、学生も社会人も同じ商品を利用することになったというべきでしょう。

ただし、多くのキャッシング、カードローンは利用条件を満20歳以上としています。
未成年の場合に利用できるキャッシングはほぼないという状況なので、学生であっても未成年の場合はお金を借りることがかなり難しいというのが現状です。

20歳になるとほぼすべてのキャシングやカードローンに申し込むことができるようになります。
学生の方の利用には同意書が必要としているキャッシングも一部でありますが、おおむね一般社会人と同じ扱いを受けることができるでしょう。

ただし、同じ扱いということは、当然本人に一定の収入が求められるということです。学生の場合はアルバイトで定期的な収入を得ているかどうかということになります。キャッシングを利用可能な金額をアルバイトで得るには、それなりの時間をアルバイトに割いている必要があります。

即日キャッシングは難しい?!

即日キャッシング、つまりその日のうちに融資を受けるのは、それほど難しいことではありません。

業者や申し込みのタイミングにもよりますが、必要書類がそろっていれば問題ないようです。
即日キャッシングの取り扱いがあるのは、銀行、信販会社、消費者金融といったところが一般的です。

なかでも確実に即日キャッシングを狙うなら消費者金融だと思います。
とにかく審査にかかる時間が圧倒的に早く融資を実行するまでの事務的な処理まで含めて比較すると文句なしで消費者金融が早いと思います。

逆にディメリットとしては金利の設定がほかの銀行や信販会社に比べると高くなる点です。
短期間で返済が完了するようなら迷わず消費者金融でいいと思いますが、繰り返し利用するようなら銀行カードローンも検討したほうがいいかもしれません。