非正規雇用の人でも安心なキャッシング

正社員ではなく、非正規雇用のアルバイトやパートとして働いている人の場合、いざお金を借りたいとなったときに、その雇用体系が障害となってしまい審査に通らない可能性があります。たとえば銀行のローンに申し込んだ場合、働き方が正規雇用ではないという理由で審査に落とされてしまうケースがほとんどです。

それに対して消費者金融のキャッシングでは、正規雇用ではない非正規雇用の人であってもそのことを理由に審査に落とされてしまうことはありません。非正規雇用として働いているアルバイトやパートの人であっても、安定した収入が継続してあるという条件を満たしているのであればどのような雇用体系であるかを問わず、キャッシングの審査に影響が出てしまう心配はありません。